トップ

サプリは医薬品ではなく食品

サプリには健康や美容に効果があるとされる成分が配合されている物です。日常生活で普通の食生活を送っているだけでは不足しがちな栄養素を補充することを目的として作られているもののため、健康の維持や増進が目的で作られています。サプリは医薬品のようにその効果や効能を記載することは薬事法によって禁じられており、分類としてはあくまで食品なのです。そのため効き目が穏やかで何らかの病気や症状を積極的に治療するものではないため、医師の処方箋などが不要でドラッグストアやネットで気軽に購入することができるようになっているのです。

医薬品はサプリではありません

サプリは体によいものですが、医薬品ではありません。サプリは健康食品で、毎日の食事で不足しがちな栄養素を補うことを目的にしています。医薬品ではないため、病気や症状の治療や予防の目的で摂取することはありません。含まれている成分についても、人が本来持っている自然の成分を使用していることが殆どで、自己治癒力や免疫力を高める効果などが期待できます。薬ではないため、自由に服用することができますが、薬との併用は、相互作用がある可能性はあるため、薬と一緒に服用する場合には、医師に相談して摂取することが良い選択と言えます。

↑PAGE TOP

Copyright © サプリ 医薬品と食品の違い. All rights reserved.